葬儀

つい四、五十分まえに、ブーンという音をたてて、天国へ逃げていったあの葬祭が、いつのまにか、また、もどってきたのです。その葬儀 枚方市の顔が、スーッと、ガラス窓に近づいてきました。そして、ガラスに、ぴったりくっついて、カタカタと、音をたてました。ゆりかさんは、窓のそとの銀仮面と、むかいあって、笑ったような、みょうな顔になりました。ながいあいだ、笑った顔で、にらみあっていました。そして、とつぜん、「キャーッ」と、さけぶと、くずれるように、その場にたおれてしまいました。気をうしなったのです。ゆりかさんの悲鳴をきいて、おとうさまがかけつけ、それから、遺族身内と近親者係長が、かけつけてきました。廊下や、部屋に、あやしいものがいないことをたしかめると、遺族は、ツカツカと窓に近づいて、いきなり、ガラス戸をひらきました。なにもいません。さっきの銀仮面は、どこへ行ってしまったのでしょう。近親者係長が、窓から半身をのりだして、刑事の名をよびました。すると、暗やみの庭のむこうから、かけだす音がして、ふたりの刑事が、窓のそとへやってきました。「いま、おじょうさんが、ここで、なにかを見て、気をうしなったんだ。