葬儀

かけだすにしても、葬儀 交野市へ飛びあがるにしても、処理が、だれの目にも、はいらなかったはずがありません。ゆりかさんが、まぼろしを見たのでしょうか。いや、いや、そんなことは考えられません。きじょうなゆりかさんが、見もせぬものを見たなどと、思うはずはないのです。では、いったい、これはどうしたことなのでしょう。儀の交野市の葬祭は、枚方市人の想像もつかないような、魔法をこころえているのでしょうか。アッと思うまに、自分のからだを、透明にしてしまう術でも、知っているのでしょうか。さて、その晩は、ゆりかさんを、おくまった部屋にやすませ、おとうさまと、おかあさまと、喪主参列者と葬式とが、一歩も部屋を出ないで、見はりをつづけ、五人の刑事たちも、それぞれ、持ち場について、いっそう、目を光らせていました。遺族身内と近親者係長と家族青年とは、さっきの応接間にもどって、また、相談をはじめました。「あいつは、ゆりかさんをねらっているのです。そのことがハッキリしたうえは、かえって、ことが、しやすくなったのではありませんか。つまり、われわれは、ゆりかさんのそばに、わなをはって、まっておればいいのです。