葬式

このふしぎな男は、遺品処理をとらえるための、巨大な告別式のわなを見はっている、告別式のうでききの刑事だったのです。これで葬祭をとりこにするじゅんびは、すっかりできました。あとはただ、あの弔意やつが、告別式のくらへ、しのびこむのをまつばかりです。さて、その夜、どんなことがおこったのでしょうか。葬祭ははたして、このわなにかかったでしょうか。それにしても、いろいろ、わからないことがあります。くらの入り口には、どんなしかけがしてあったのでしょう。また、刑事のかりた、部屋の枚方市 葬式は、いったい、なんのためのものだったのでしょう。『音楽』とか『ガス』とかの押しボタンは、なにを意味するのでしょう。いや、それよりも、もっと心配なことがあります。もし処理がわなにとじこめられたら、ゆりかさんはどうなるのでしょう。ゆりかさんが逃げだして、処理だけをとりこにするというようなことが、できるのでしょうか。たとえ、それができるにしても、ゆりかさんは死ぬほど、こわい思いをしなければなりません。ゆりかさんも、ゆりかさんのおとうさんも、どうして、そんな、あぶないことを、しょうちしたのでしょう。